肌のお手入れテクとファクター!

身なりの肌のお手入れについて~
今回はシャンプー仕方について書きます。至って標準の事かもしれませんが、

◆シャンプー仕方におけるポイント
1.泡をしっかりたてる
泡をしっかりたててフワフワのランクして泡を顔に優しく押し付けてなるべく顔と指のスレを避けます

2.流すときは気温「36たびくらいのむるま湯」。しっかり洗いおとす。
上記の人肌くらいの気温で20~30回近所パシャパシャとやさしくお湯を顔にかけます。
時間に余裕があるときは100回近所するなどしっかり泡をすすぎおとすのが理想です。
※以外に生え際や洗顔おとしにくいところに泡が残ると皮膚に負担をかけてしまう!

ここまで、自分なりのお手入れを書きましたがスキンケアの参考としてやってはいけないというか
おすすめしていないスキンケアスキームと登記を記載します。

まず
◆メークは毎日の終わりに強要落として就寝する。
当たり前のことを書いてしまいスミマセンが、こういう当たり前のことが大事です!
ちなみにメークを落とさずに安眠した時の皮膚への気苦労は
”掃除した使用済みの雑巾を顔に10日間のせたランク”くらいの気苦労がかかってるそうですよ…恐ろし!

◆「化粧落とし座席」はなるべく使わない!
簡単に化粧をとれる便利な雑貨として薬屋等に販売されている化粧落とし座席。
お仕事等で疲れて帰宅して色々やっているとあっという間に深夜になり「メークを洗い流すのが面倒臭い!」
そんな時にこういう座席でチャッチャとエレガントサッパリ~♪
な~んて、確かにメークを落とさずに就寝するよりマシだと思いますが、化粧落とし座席は簡単に
化粧を取り去れる分従来のメーク落としより皮膚に負担がかかるそうですよ!

お肌を大事にしたいならば上記の2ことをなるべくしないようにしましょうね♪http://datsumou-concierge.com/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%82%B5%E3%83%AD%E3%83%B3/%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81.html